腹痛の緩和に効果があるツボ

ツボは体中のいたる場所にありますが、お腹辺りにも多数存在します。

これらを適切に刺激することで、お腹のさまざまな症状に対応することができます。

まず、腹痛です。

腹痛の原因には食あたりや胃痙攣、神経性胃痛の他、いろいろなものが考えられますが、中にはツボ治療で改善できるものもあります。

お腹のトラブルが起こりやすい人は胃弱体質の人が多いのですが、その場合には「胃兪(いゆ)」というみぞおちの裏にあるツボを押すといいでしょう。

そのツボに両手の親指をあてて身体を後ろにそらしながら押すと症状が緩和されます。

また、「合谷(ごうこく)」という親指と人差し指の付け根の間にあるツボは、逆の手の親指で押せば腹痛に効果があります。

人指し指側に力をいれるのと、両手を上に伸ばして行なうのがコツです。

足の裏の人差し指と中指の付け根の間の少し後ろに「裏内庭(うらないてい)」というツボがあります。

ここは胃腸の急性症状の改善に非常に効果的とされています。

食あたりが原因の腹痛は残念ながらツボ治療では快癒しませんが、症状を緩和することは可能です。

裏内庭は即効性に優れており、つまようじで押すなどの強めの刺激のほうが効果は高くなります。