定期的に腰痛でお悩みの方へ

腰痛を持つ人の数は全国に2800万人以上といわれ、40~60代の40パーセントが腰痛に悩んでいるそうです。

腰痛の原因はいろいろあり、姿勢の悪さも挙げられます。

姿勢が悪いことで椎骨が変形してしまい神経を圧迫して痛みやしびれが出るのです。

腰痛には坐骨神経痛といった疾患や腎臓疾患など内科的な因子もありますが、多くは原因が不明であるという研究結果もあります。

痛みはあるけれどもその原因はわからないでは、なかなか治療の施しようがありませんよね。

そんな場合は、ツボ治療で痛みや不快な症状を緩和しましょう。

まず、お腹のツボ「天枢(てんすう)」を、仰向けに寝て両手の四指を天枢にあてて指圧するように息を吸いながらへそを突き出して床から腰を浮かせて刺激します。

「志室(ししつ)」というツボも腰痛や坐骨神経痛に効果的です。

このツボは第2腰椎の下辺りにあるので、そこに両手の親指をあてお腹を掴むように押します。

最後にふくらはぎの中心あたりのツボ「承山(しょうざん)」を揉みこねればOKです。

腰の痛みは腰を冷やすことから生じる場合もあるので注意しましょう。