カテゴリー別アーカイブ: 体質改善などに効くツボ

便秘や下痢にもツボ刺激

便秘に効果絶大

便秘に悩む女性も少なくないようですが、ツボ刺激は便秘にも効果的です。

お腹にはたくさんのツボがありますが、まず「大巨(だいこ)」というへそから指3本分外側を3本分下がったところにあるツボを刺激しましょう。

方法はこのツボに仰向けで膝を立てて両手の中指をあてたうえで、頭を持ち上げお腹に力をいれます。

次に、腰の「大腸兪(だいちょうゆ)」に左右の親指をあてて背中をそらしながら押します。

最後は、足の親指から下がった盛り上がった部分「太白(たいはく)」というツボの後ろ側を中心に、体重をかけながらゆっくりと押し揉みます。

便秘は体質によることが多いのですが、腹筋力の低下による腸ぜん動の不良が原因であることも考えられます。

これらのツボを刺激することで腸の動きが活発になり便秘の解消が促されるのです。

ツボ押しを習慣づけてさらに規則正しい食生活と適度な運動に気を配れば、便秘はかなり改善されるはずです。

神経性の下痢に効く

ストレスが原因である神経性の下痢にもツボ治療は効果的です。

下痢の理由はいろいろありますが、最近増加傾向にあるのが精神的なもの、特にストレスにより自律神経のバランスが崩れて起こる過敏性腸症候群です。

腸はストレスが掛かり過ぎるとぜん動運動を活発化し過ぎるので、、それが下痢となってしまいます。

これらが原因の下痢には、へそから指3本分の場所にある「天枢(てんすう)」のツボを刺激しましょう。

仰向けになって膝を立てて親指以外の4本の指で左右同時に大きく揉みこねますが、このとき指は温めておくのがコツです。

次に背骨から指の幅2本分、左右の腰骨の上にある「大腸兪(だいちょうゆ)」というツボにゲンコツをあてて仰向けになって圧しますが、身体の重さを利用して無理なく圧すようにしましょう。

さらに膝の外側のやや上、「梁丘(りょうきゅう)」を左右同時に親指でしっかり圧すのですが、膝を立てて座り、押し込むようにするのがポイントです。

特に、梁丘の刺激は胃腸の急性症状に効果的なので、急な下痢の際には役立つと思いますよ。

血圧改善にツボ刺激

低血圧の場合

ツボを刺激することで、胃や内臓などの体調不良を改善することもできます。

さらには、便秘や下腹部の張り、胃痛といった症状にも効果的です。

ツボ治療は血圧に問題のある人にも有効です。

そんな人たちに効果的なツボを紹介しましょう。

まず、低血圧の人に有効なツボは、背中の両脇にある「心兪(しんゆ)」というツボです。

ここを親指以外の4本の指で圧すのですが、その場合ツボと反対側の手の指で圧すようにしましょう。

次は、胸の骨の真ん中より少し下の左右の乳首の真ん中にある「壇中(だんちゅう)」を両手の中指で胸を反りながら圧しましょう。

さらに、むこうずねの内側にある「陰陵線(いんりょうせん)」というツボを足裏を合わせて座り、前屈しながら両方の親指をツボに圧しあてます。

低血圧だけでなく、壇中は動悸に、陰陵線は便秘にも効果があります。

血圧が低いと疲れやすったり食欲が衰えることもあります。

また、手足の冷えや首、肩がこるといった症状も見受けられます。

ツボの刺激を習慣にすれば血圧が改善され、こういったの症状も良くなることでしょう。

高血圧の場合

高血圧は、生活習慣病がひとつの原因ともされています。

高血圧を放っておくと心臓病や脳卒中など引き起こす危険があることから、早急に改善することが望まれるのです。

ツボ治療は高血圧の改善にも有効です。

まずは、「人迎(じんげい)」と呼ばれるのど仏から指2本分外側の脈がふれる部分のツボを両手の中指と人差し指で優しく押しましょう。

そして次は後頭部の髪の毛の生え際にある「天柱(てんちゅう)」というツボを圧します。

ここは両手の親指で左右同時に指圧します。

最後は足の裏の真ん中より少し前にある「湧泉(ゆうせん)」を親指で圧します。

指圧の回数はそれぞれ5~6回程度で充分、継続することで高血圧が改善されていくことでしょう。

更年期の女性の中にはのぼせといった症状に悩む人も多いようですが、人迎の刺激はそれにも効くとされています。

いずれも、継続することで更なる効果が期待できるはずです