カテゴリー別アーカイブ: 目の疲れに効くツボ

眼精疲労は最早現代病にまで浸透している

頭の疲れと平行して、目に疲れも起こりがちです。

パソコンやスマホなどの画面を長い時間見ていると、目がしょぼしょぼしてくる人も多いでしょう。

特にドライアイはまさしく現代病のひとつといってもいいでしょう。

目が疲れるのはいわゆる「眼精疲労」、目の筋肉が酷使されていたり、神経的な要因も考えられます。

そんな目の疲れもツボ治療で解消してしまいましょう。

「瞳子?(どうじりょう)」というツボが目のわきにあるので、そこを両手の中指で左右それぞれ同時に押します。

首をそらして息を吸いながら押す、息を吐きながら押す力を抜くを繰り返すとより効果的です。

目の下にある「四白(しはく)」は両手の人差し指でやさしく、「合谷(ごうこく)」という人差し指と親指の付け根の間にあるツボは両腕を伸ばして指圧します。

血行を良くするのも目の疲れにはいいので、温かいおしぼりなどを目の回りにあてるのも効果的です。

ドライアイは放置しない

パソコンを使う機会が増えたこともあり、慢性的な疲れ目やドライアイの症状を持つ人もたくさんいます。

疲れ目やドライアイもツボで緩和できます。

まず、両目のわきにある「瞳子?(どうじりょう)」というツボを両方の中指で指圧します。

疲れ目やそれに伴う痛みや顔の麻痺には、目頭にある「睛明(せいめい)」というツボを刺激しましょう。

他にも「曲池(きょくち」というツボもドライアイに効果的なのですが、これは顔ではなく腕にあります。

肘を曲げた時にできる横じわの端にあるので、ここを親指で押し揉みしましょう。

ドライアイを放っておくと頭痛や顔の麻痺などを引き起こします。

そうなる前にツボ刺激や目薬をさしたりして対処しましょう。

特にコンタクトレンスを使っている人はドライアイになりやすいので、ツボ刺激がオススメです。