体調によって刺激する動作を変えていく

ツボを刺激するといっても、その方法にはいくつかあります。

主な方法としては、なでる、揉む、押す、たたくといったもので、ツボによってまたは体調によってそれらを使い分けることが必要なのです。

撫でる時は、血行をよくするのであれば身体の末端から心臓方向へ、神経の痛みを抑えたいならその逆に行ないます。

揉む場合は「もみこね」といって広めの場所を大きくつまみこねる方法と、親指やその他の指を使って圧力を加える「押しもみ」のふたつがあります。

押すというのはいわゆる「指圧」で、親指だけで押す場合と親指以外の指で押す場合、そして手のひらで押す場合の三つがあります。

たたく場合は、手首や指のスナップを利用して柔らかくたたきます。

東洋医学では気力や体力が低下している状態を「虚」といい、その場合は気や血液を集めるためのツボ刺激を行ないます。

逆に発熱や緊張した「実」の状態なら、気や血液を散らすツボ刺激で昂ぶりを抑えます。

状態をしっかり把握して、症状にあったツボ刺激を行ないましょう。