的確なツボ刺激が大切

ツボを押したり刺激することで健康になるとされます。

疲れが溜まったり体調が悪くなると、身体の表面に反応が現れます。

その表面に現れた反応に対して働き掛けるのが、ツボ押しやツボ刺激なのです。

指圧やマッサージ、お灸などの方法でツボを刺激して、疲れを取り体調を改善するのです。

しかし身体にはたくさんのツボがあり、どこをどのように刺激すればいいかを見極めることが重要です。

ツボでもないところをいくら刺激しても効果は現れませんからね。

ツボを探す際に重要なのが「径絡」です。

人の身体には14本の径絡があり、その上にたくさんのツボがあるのです。

ツボは、脈が触れる場所や筋肉と筋肉の間、筋肉や骨のくぼみの真ん中、脊柱の両側、椎骨と椎骨の間に多数存在しています。

また、皮膚の近くにある神経や血管、骨の出っ張っているところ、関節のまわりなどにも多いという特徴も見られます。

これらの箇所を撫でたりつまんだり押したりしたときに痛みやしこりなどが感じられるようなら、そこがツボなのです。

最初のうちはなかなか難しいかもしれませんが、慣れるとすぐに見つけられますよ。

ツボ療法は正確にツボを刺激することが重要です。

そのためにも、しっかりと正確にツボを見つけ出すようにしましょう。