肉体的疲労にも効果があるツボ

ある程度の身体のだるさは、休養を充分にとることで解消できるはずです。

しかし、肉体的疲れなら休養で解消されますが、精神的疲れはなかなか取り除くことが難しい場合もあります。

そんなときに試してもらいたいのが、ツボ治療です。

最初に「巨闕(こけつ)」というみぞおちの真ん中あたりのツボを押しましょう。

息を吐きながら前かがみになって、両手の中指を重ねてあてて行います。

続いてむこうずねのすぐ外にある「三里(さんり)」をゲンコツを軽く握ってリズミカルにソフトに叩いて刺激します。

最後に、両耳の後ろの下のくぼみ「完骨(かんこつ)」を首を前に倒した上体で親指をあてて押します。

精神的な疲れは、胃腸を刺激します。

お腹がむかむかするといった不快な症状には、巨闕の刺激が効果的です。

ただし、精神的な疲れをツボ治療だけで解消するのは不可能です。

しっかりリフレッシュするなどして、疲れの元を取り除くようにしましょう。