体内バランスが崩れる前に・・・・

人体は「気」と「血」と「水」の3つの生命エネルギーから構成されていて、そのバランスが崩れることにより病気になるというのが東洋医学の考え方です。

そして病気になる前、つまり「未病」のうちに対策をとることが肝心とされ、そのひとつがツボ治療なのです。

ツボ治療は、気、血、水のそれぞれの流れを整え発病を防ぐことができると考えられています。

西洋医学では肩こりや冷え性は必ずしも病気とみなしていませんしその症状を和らげることも難しいのですが、東洋医学では身体全体の調子を整えることで改善させることが可能となるのです。

ツボ治療はそこに現れている症状だけでなく、身体の調子を整えて回復に持っていくので複合的な症状に対応できるというメリットがあります。

ところで、前述した「気」や「血」、「水」とは何なのでしょうか。

「気」は消化吸収機能や神経系機能、「血」は循環器機能や血液そのもの、血液の流れ、「水全般を」は血液以外の体液全般を表し、いずれかが不足すると身体のバランスが崩れてしまうので病気になってしまいます。

ツボ治療は、そうなる前にそれぞれを正常な状態に戻す役割をするのです。

バランスが崩れて病気が現れる前に、ツボ治療で正常な流れに戻すことが大切です。