目指していたスカートを履けるようにくびれを得るツボ

お腹や腰回りに脂肪がついてくびれの見当たらない人もたくさんいるのではないでしょうか。

脂肪がつくのは便秘や冷え性が原因であるケースも少なくなく、単に太っているとかくびれがないというだけでなく体調不良、ひいては病気へと繋がる可能性があります。

しっかり改善して健康的な身体になる必要があるのです。

ツボ治療でそれらの改善は可能です。

まず、へその近くにある「天枢(てんすう)というツボを仰向けになって四指で指圧しましょう。

お腹の調子を整えて太り過ぎを防ぎます。

「志室(ししつ)」という腰にあるツボに仰向けでゲンコツをあてて体重をかけることで指圧するのも効果的です。

横向きになって親指で腰の低い位置にあるツボ「大腸兪(だいちょうゆ)」を足を上げながら押すのもいいでしょう。

痩せているのにお腹だけポッコリと出ている人もよく見掛けますが、そんな人は生活習慣が乱れているのかもしれません。

不規則な食事に注意して野菜や食物繊維をできるだけ多く採るように心掛けるとともに前述のツボを刺激することで、太り過ぎを防いでくびれを作ることができるでしょう。