カテゴリー別アーカイブ: 美容によく効くツボ

引き締まったヒップラインは女子力をアップさせる

くびれた腰回りに加えて引き締まったヒップラインは魅力的です。

これもまたツボ刺激で作り出すことができるので紹介しておきましょう。

最初に、お尻の下にある「承扶(しょうふ)」は仰向けになって膝を立てた状態で両手の四指を左右のツボにあてて押しながら5秒数えてお尻を上げ、5秒数えながらお尻を下げます。

これを5セット行ないます。

次は「関元(かんげん)」というツボです。

これは下腹の真ん中にありますが、ここを同じように仰向けになって膝を立てて両手の四指を重ねて押します。

このとき頭を少し上げるのがポイントです。

さらにうつぶせになって「志室(ししつ)」という腰のツボを指圧します。

両手の親指をツボにあてて身体をそって頭を上げて両足行ないます。

これらのツボ療法は効果がすぐに目に見えてあらわれるものではありません。

結果がなかなか得られないからと諦めてしまわずに、毎日継続することが肝心なのです。

目指していたスカートを履けるようにくびれを得るツボ

お腹や腰回りに脂肪がついてくびれの見当たらない人もたくさんいるのではないでしょうか。

脂肪がつくのは便秘や冷え性が原因であるケースも少なくなく、単に太っているとかくびれがないというだけでなく体調不良、ひいては病気へと繋がる可能性があります。

しっかり改善して健康的な身体になる必要があるのです。

ツボ治療でそれらの改善は可能です。

まず、へその近くにある「天枢(てんすう)というツボを仰向けになって四指で指圧しましょう。

お腹の調子を整えて太り過ぎを防ぎます。

「志室(ししつ)」という腰にあるツボに仰向けでゲンコツをあてて体重をかけることで指圧するのも効果的です。

横向きになって親指で腰の低い位置にあるツボ「大腸兪(だいちょうゆ)」を足を上げながら押すのもいいでしょう。

痩せているのにお腹だけポッコリと出ている人もよく見掛けますが、そんな人は生活習慣が乱れているのかもしれません。

不規則な食事に注意して野菜や食物繊維をできるだけ多く採るように心掛けるとともに前述のツボを刺激することで、太り過ぎを防いでくびれを作ることができるでしょう。

美しさを保つバストアップに効果のあるツボ

ツボ療法は女性の美しさを保つために有効なものもたくさんあります。

そのひとつがバストアップに効果的なツボで、主に胸の上部および胸に繋がる肩を刺激する方法です。

鎖骨の外の端の下にあるくぼみから親指1本分下がった部分にあるツボを「中府(ちゅうふ)」といいますが、ここを肘と胸を張りながら指で押します。

その次に胸骨の真ん中よりもやや下にある「?中(だんちゅう)」というツボを前かがみの体勢になって四指で押します。

最後に「肩井(けんせい)」という首の根元から肩先にかけての真ん中のツボを首を傾けながら親指で指圧すれば、バストアップが期待できます。

肩井は肩こりに効きますし、また乳腺にも関係が大きなツボでもあります。

したがって、乳腺の発達を促すことはバストの張りにも繋がるというわけなのです。

これらのツボ療法に加えてバストを支える大胸筋を鍛える運動をすれば、バストアップにさらに効果的です。

美脚とスリムな身体を手に入れる

足が太いのは余分な脂肪だと思っている人が多いので、ダイエットに成功すれば美脚になれるはずだと思いがちです。

でも実は、疲れや新陳代謝が悪いために起こるむくみが原因で足が太いというケースが多くを占めているのです。

そんな脚のむくみは、ツボ治療で改善することも可能ですよ。

美脚を目指す人のために、そんなツボを紹介しましょう。

まず、膝の後ろ側にある「委中(いちゅう)」というツボを刺激しましょう。

屈伸しながらここを四指で指圧するとふくらはぎの引き締めに効果的です。

腰にある「志室(ししつ)」は仰向けになって両手の親指で押しながら足を自転車をこぐように廻すことで、むくみをとり引き締める効果が期待できます。

足だけでなく、手にあるツボ「合谷(ごうこく)」は腕を伸ばした状態で刺激すると美脚効果があります。

ツボ刺激が効果的な時間は、お風呂に入った後や寝る前がオススメです。

足の疲れをツボ刺激で解消して、リフレッシュした気分で翌日を迎えましょう。