作成者別アーカイブ: きみマロン

定期的に腰痛でお悩みの方へ

腰痛を持つ人の数は全国に2800万人以上といわれ、40~60代の40パーセントが腰痛に悩んでいるそうです。

腰痛の原因はいろいろあり、姿勢の悪さも挙げられます。

姿勢が悪いことで椎骨が変形してしまい神経を圧迫して痛みやしびれが出るのです。

腰痛には坐骨神経痛といった疾患や腎臓疾患など内科的な因子もありますが、多くは原因が不明であるという研究結果もあります。

痛みはあるけれどもその原因はわからないでは、なかなか治療の施しようがありませんよね。

そんな場合は、ツボ治療で痛みや不快な症状を緩和しましょう。

まず、お腹のツボ「天枢(てんすう)」を、仰向けに寝て両手の四指を天枢にあてて指圧するように息を吸いながらへそを突き出して床から腰を浮かせて刺激します。

「志室(ししつ)」というツボも腰痛や坐骨神経痛に効果的です。

このツボは第2腰椎の下辺りにあるので、そこに両手の親指をあてお腹を掴むように押します。

最後にふくらはぎの中心あたりのツボ「承山(しょうざん)」を揉みこねればOKです。

腰の痛みは腰を冷やすことから生じる場合もあるので注意しましょう。

ツボ押しグッズは重要

道具は必ずしも必要じゃない

ツボは体中の至る場所にありますが、中には指が届かないなどで押しにくいツボもあります。

そんな場合は道具を使えばOKです。

ツボ押し専用の特別なグッズでなく、身近な品物で充分ですよ。

たとえば、つまようじも立派なツボ押しグッズになります。

尖ったほうでなく丸い部分や数本を輪ゴムなどでまとめて束にすれば、立派なツボ押しグッズとして利用できます。

ドライヤーは温風を径絡に沿って当てれば、血行をよくするので効果的です。

身の回りにある手軽な品物がツボ押しグッズとして使えるのは助かりますよね。

竹踏み式のツボ刺激グッズはオススメです。

昔買ったけれども今は使わずに押し入れにしまってあるという人も少なくないかと思いますが、ぜひ引っ張り出して再度使ってください。

手軽にツボ治療ができるスグレモノなのですよ。

精神的疲れからの頭痛がしてくる

精神的な疲れは、頭痛を伴うこともしばしばです。

これもまたツボ治療で緩和させることができます。

まずは後頭部の髪の生え際の筋肉の外側のくぼみにある「天柱(てんちゅう)」というツボを押すのですが、この際にはストレッチをしながらするとより効果的です。

次は、両耳の上部分を結んだ線と眉間から上へと伸ばした線の交差したところにある「百会(ひゃくえ)」というツボです。

ここは、肘を横に開いて指圧するのがポイントです。

最後は「太白(たいはく)」で、このツボは足の親指の裏の根元の下にあり、両手の親指を重ねて体重をかけて押し揉みするので、あぐらをかいて行うのがいいでしょう。

これらのツボは鎮痛や疲れをいやす効果のあるツボなので、症状が現れたならすぐにでも実行しましょう。

けれども、いくら休養をとってもだるさが取れない、頭痛が治らないといった場合は、何らかの病気に掛かっている疑いもあるので医者に診てもらったほうがいいかもしれません。

自己流のツボ療法は症状を悪化させる恐れもある点を認識しておく必要があるでしょう。

眼精疲労は最早現代病にまで浸透している

頭の疲れと平行して、目に疲れも起こりがちです。

パソコンやスマホなどの画面を長い時間見ていると、目がしょぼしょぼしてくる人も多いでしょう。

特にドライアイはまさしく現代病のひとつといってもいいでしょう。

目が疲れるのはいわゆる「眼精疲労」、目の筋肉が酷使されていたり、神経的な要因も考えられます。

そんな目の疲れもツボ治療で解消してしまいましょう。

「瞳子?(どうじりょう)」というツボが目のわきにあるので、そこを両手の中指で左右それぞれ同時に押します。

首をそらして息を吸いながら押す、息を吐きながら押す力を抜くを繰り返すとより効果的です。

目の下にある「四白(しはく)」は両手の人差し指でやさしく、「合谷(ごうこく)」という人差し指と親指の付け根の間にあるツボは両腕を伸ばして指圧します。

血行を良くするのも目の疲れにはいいので、温かいおしぼりなどを目の回りにあてるのも効果的です。

引き締まったヒップラインは女子力をアップさせる

くびれた腰回りに加えて引き締まったヒップラインは魅力的です。

これもまたツボ刺激で作り出すことができるので紹介しておきましょう。

最初に、お尻の下にある「承扶(しょうふ)」は仰向けになって膝を立てた状態で両手の四指を左右のツボにあてて押しながら5秒数えてお尻を上げ、5秒数えながらお尻を下げます。

これを5セット行ないます。

次は「関元(かんげん)」というツボです。

これは下腹の真ん中にありますが、ここを同じように仰向けになって膝を立てて両手の四指を重ねて押します。

このとき頭を少し上げるのがポイントです。

さらにうつぶせになって「志室(ししつ)」という腰のツボを指圧します。

両手の親指をツボにあてて身体をそって頭を上げて両足行ないます。

これらのツボ療法は効果がすぐに目に見えてあらわれるものではありません。

結果がなかなか得られないからと諦めてしまわずに、毎日継続することが肝心なのです。

肩こりに有効とされているツボ

デスクワークが重なると肩や腰がこったり痛くなったりする人は少なくありません。

そんな症状にも、ツボ押しが有効なんです。

まず、肩こりに効くツボを紹介しましょう。

肩こりに効果的なツボは主に3つあります。

ひとつは「肩井(けんせい)」と呼ばれる両肩にあるツボで、首をツボと反対側に曲げながら5~6回親指で圧すのを両方の肩で行います。

次は「膏肓(こうこう)」という背中の肩甲骨の内側にあるツボを親指以外の四本の指で5~6回、左右とも圧し揉みします。

もうひとつがひじを曲げた時にできる横じわの外側のくぼみにある「曲池(きょくち)」というツボで、両腕とも5~6回力を加えて親指で小さく揉みこねます。

肩こりが悪化すると頭痛や眼精疲労などの症状を伴ってくるので、早めに対処することをオススメします。

肩こりが起こる原因としては筋肉のオーバーワークや運動不足などいくつかありますが、多くは内臓の不調やストレスといわれます。

特にツボ治療は、これらが原因の肩こりに有効とされています。

膝痛は負担を軽減させることがポイント

ツボ治療は身体のあらゆる部分の痛みや不調を改善してくれる可能性があります。

膝の痛みを抱えている人も少なくありません。

加齢によって膝の軟骨がすり減り関節が変形することで神経を刺激する膝痛は多くの人が悩んでいますが、その他にも原因はあります。

また、若い人でも長時間の立ち仕事などで膝に痛みを覚える人もいます。

原因の如何にかかわらず総合的に効果を示すのが、膝蓋骨の両側にあるツボ、「内膝眼(うちしつがん)」と「外膝眼(そとしつがん)」です。

刺激の方法は、それぞれのツボに両手の親指をあてて同時に押します。

他にも、「委中(いちゅう)」という膝の裏側にあるツボを椅子に座って膝を伸ばした状態で指圧する方法は坐骨神経痛にもよく効きます。

「曲泉(きょくせん)」という膝関節の内側の中央のくぼみにあるツボを押し揉みするのも、痛みの緩和に有効です。

特に内膝眼、外膝眼への刺激は軽い痛みならすぐに解消されることもあるので、立ち仕事などで痛みを感じたなら休憩時間にでも試してみませんか。

膝痛は血液やリンパ液の流れが悪い場合も起こりますので、それらを刺激するツボを押すのもいいでしょう。

さらに慢性的な膝痛には、太ももの前面の筋肉をつけて膝をしっかりガードすることや裏側の筋肉をストレッチしてかかる負担を軽減させることが重要です。

普段からこれらの点にも注意しましょう。

心の疲れを解消して気力が湧いてくる

「湧泉(ゆうせん)」は足裏の中央より少し手前にあるツボですが、「命の泉が湧く」といわれるほどで、指圧することでみるみる元気が出てきます。

心を落ち着かせたいなら、手のひらのほぼ真ん中にある「労宮(ろうきゅう)」を押すといいでしょう。

ここの刺激は、虚弱体質や下痢にも働き掛けます。

イライラは物事が上手く行かないことから発生しやすい神経の動きで、精神的な疲れが溜まっているサインといえます。

精神の疲れは万病の元、イライラしていては普段ならスムーズに運ぶことも上手くいきません。

まずは心の疲れを解消することを心掛けましょう。

ツボ療法はその助けをしてくれますが、とりあえずはツボを押す気持ちの余裕を持つことが大切です。

元気がなくなってきたらツボを押してみましょう。

きっと気力が湧いてくるはずです。

ツボと運動の関係とは!?

ツボ押しの際に、ストレッチなど身体を動かしながら行なうと効果をさらに高めることができます。

上体を曲げながら、そらしながら、伸ばしながらとストレッチをしながらツボを刺激することで、指圧だけでなく体操の効果も期待できるので一石二鳥です。

ストレッチや体操の際に呼吸に気をつけて行なうと、身体の緊張がとけるのでツボ療法の効果がより得られるというわけなのです。

運動やスポーツをした後、痛みや疲れを感じてそれを取り除くためにツボ押しをする人もいます。

しかし、そんな場合は筋肉が熱を持っていたり急性の炎症で熱があることもあるので注意が必要です。

必ず氷や保冷剤などでその部分を冷やしてからツボ療法を行なうようにしましょう。

ツボ押しというよりも、コリや痛みを和らげるために筋肉をほぐすマッサージが血行もよくなるのでオススメです。

オイルを使用するオイルマッサージも、指の直接的な肌への刺激が少なくなるのでいいでしょう。

目指していたスカートを履けるようにくびれを得るツボ

お腹や腰回りに脂肪がついてくびれの見当たらない人もたくさんいるのではないでしょうか。

脂肪がつくのは便秘や冷え性が原因であるケースも少なくなく、単に太っているとかくびれがないというだけでなく体調不良、ひいては病気へと繋がる可能性があります。

しっかり改善して健康的な身体になる必要があるのです。

ツボ治療でそれらの改善は可能です。

まず、へその近くにある「天枢(てんすう)というツボを仰向けになって四指で指圧しましょう。

お腹の調子を整えて太り過ぎを防ぎます。

「志室(ししつ)」という腰にあるツボに仰向けでゲンコツをあてて体重をかけることで指圧するのも効果的です。

横向きになって親指で腰の低い位置にあるツボ「大腸兪(だいちょうゆ)」を足を上げながら押すのもいいでしょう。

痩せているのにお腹だけポッコリと出ている人もよく見掛けますが、そんな人は生活習慣が乱れているのかもしれません。

不規則な食事に注意して野菜や食物繊維をできるだけ多く採るように心掛けるとともに前述のツボを刺激することで、太り過ぎを防いでくびれを作ることができるでしょう。