世界が認めているツボ押し

この近代医療の発達した現在に、ツボ押しで健康になれる!なんて聞いてもなかなか信じられないという人は少なくないかもしれません。

ツボには「エネルギー」や「自然治癒力」という言葉が一対となっていることも多く、そうなるとさらに信じがたく感じる人もいることでしょう。

そもそもツボって何なの?と思う人もいるに違いありません。

ツボを押すという行為は、東洋医学として今から2200年ほど前にすでに中国に存在していたようです。

そう、ツボ押しというのは医療行為のひとつで、WHO(世界保健機関)によってその効果は認められているのです。

そしてWHOは361ヶ所のツボの存在を定義しているくらいなのです。

西洋医学でも身体のそれぞれの部分が相互関係を持っているとしていますが、東洋医学ではそれぞれのパーツにあるツボを押すことでその関係性をよくすることを目指しているのです。

パーツの関係性を表すのがいわゆる「気」の流れで、それが前述した「エネルギー」や「自然治癒力」と密接な関係を持っていることからこれらの言葉が一緒に使われれることが多いのです。

ツボ押しは東洋医学そのもの

人間の身体には361個のツボがあることは前述しましたが、どこにそれらのツボがありどのツボがどんな病気や症状に効果的なのでしょうか。

それを見出すのは、昔から脈々と受け継がれ蓄積した知識と経験なのです。

西洋医学と東洋医学は病気に対処する場合の考え方が根本的に異なります。

西洋医学は病気を治すことにポイントを置いていますが、東洋医学は病気そのものを治すのももちろんですが病気をする身体を改善することに力を注いできたのです。

最近の考え方として、いかに病気を予防するか、病気に掛からない身体を作るかが重要とされるようになってきています。

この傾向はまさに東洋医学の考え方そのものといえるでしょう。

ツボ押しも東洋医学の考え方が大いに生かされている技術です。

病気になる前に、ツボ押しで病気にならない身体作りから始めてみませんか。

ツボ治療で素敵な生活を過ごす

ツボ治療の考え方

ツボ治療という言葉を聞いたことのある人はたくさんいるかと思います。

ツボ治療は東洋医学のひとつで、その発祥は2000年以上前の中国といわれ、それから現代まで歴史と伝統の中、脈々と受け継がれてきたものです。

人間には自分自身の力で健康状態を取り戻したり病気を治す「自然治癒力」を持ち備えています。

その自然治癒力を高めることによって、病気を未然に防ぐ、つまり「未病」という考え方がツボ治療の基本的な考え方なのです。

ツボ治療のさまざまな効果

ツボというのは、私たちが持つエネルギーの出入りする部分です。

その部分を刺激することで自分の身体をセルフケアするのが、ツボ治療なのです。

ツボ治療は病気の予防から治癒まで、さまざまな症状や状態に対処してくれます。

また、西洋医学では病気という認識のない肩こりや足腰の疲れについても対応が可能です。

ドライアイや花粉症、うつ病などの現代病といわれるような症状にも大きな効果を見せてくれます。

さらには、代謝をアップさせて小顔やバストアップなど女性特有の悩みなどにも有効なのです。

ツボ治療を知ることで、素敵なライフスタイルが築けるに違いありませんよ。

仕事の効率性をあげオフィスで手軽にリラックス

体が固いままでは新しい発想は浮かびません。仕事の効率をあげるためにもこまめに息抜きをするようにしましょう。適度な休憩とサボるのとは全く別物です。計画的に距離を置くことで毎日楽しく働きましょう。

なぜ息抜きが大切なのかは科学的に証明されている!

誰もが多少なりともストレスを感じながら仕事をしています。人間関係や数字に追われることで疲れてしまい、正常な判断ができなくなることも。つまらないミスも増えイライラは募るばかりになります。休まず働くことで作業効率が4割も落ちるという研究結果もでています。

他にもできる人ほど休憩をきちんととっているというデータもあります。休む時間をきちんと計画に組み込むことで、時間通りに仕事をこなせるのです。そういった能力もこれから先求められていきます。

息抜きの方法
深呼吸

腹式呼吸をすることで心を落ち着かせることができます。代表的なのは丹田呼吸法。おへそから指三本分下に「丹田」と呼ばれる部分があります。そこに空気を送り込むイメージで深く呼吸をします。頭がすっきりとし、気力がわきます。

ストレッチ

固まった体をほぐしましょう。足を肩幅に開いて立ち、ゆっくりと息を吐きながら前屈をします。そして息を吸いながら戻します。背骨を伸ばすことで全身の血の流れがよくなり、眠気が消えます。腰痛や肩こりの予防にもなります。

マッサージ

手のひらにはたくさんのツボがあり、軽く揉むだけで心と体をほぐしてくれます。疲れたなと感じていながらも周りの目が気になる場合は指先や関節をゆっくりとマッサージしてあげましょう。全身の緊張がほぐれていくのを実感できるはずです。

意識してトイレに行く

1時間から2時間に一度トイレにいきましょう。椅子から立ち上がり歩くことで筋肉が刺激され脳の働きが活性化されます。個室に入りほんの少しぼーっとするだけで職場の緊張がほぐれます。適度な回数であればトイレに行くのは不自然ではないので、一番やりやすい息抜きの方法の一つかもしれません。

きちんとマナーを守れば休憩もとりやすくなる

職場によっては周りの目が気になってなかなか休めない場合もあるかもしれません。マナーを守れば規律の厳しい場所でも休憩が取りやすくなることがあります。席を外す際に一言声をかける、座っていた椅子をデスクの下に納めてからでかける、極端に時間をとりすぎないなど周囲にできる配慮はたくさんあります。

毎日の仕事を少しでも効率よくこなすためにも、職場の空気や自分に合ったリラックス方法を見つけましょう。