世界が認めているツボ押し

この近代医療の発達した現在に、ツボ押しで健康になれる!なんて聞いてもなかなか信じられないという人は少なくないかもしれません。

ツボには「エネルギー」や「自然治癒力」という言葉が一対となっていることも多く、そうなるとさらに信じがたく感じる人もいることでしょう。

そもそもツボって何なの?と思う人もいるに違いありません。

ツボを押すという行為は、東洋医学として今から2200年ほど前にすでに中国に存在していたようです。

そう、ツボ押しというのは医療行為のひとつで、WHO(世界保健機関)によってその効果は認められているのです。

そしてWHOは361ヶ所のツボの存在を定義しているくらいなのです。

西洋医学でも身体のそれぞれの部分が相互関係を持っているとしていますが、東洋医学ではそれぞれのパーツにあるツボを押すことでその関係性をよくすることを目指しているのです。

パーツの関係性を表すのがいわゆる「気」の流れで、それが前述した「エネルギー」や「自然治癒力」と密接な関係を持っていることからこれらの言葉が一緒に使われれることが多いのです。

ツボ押しは東洋医学そのもの

人間の身体には361個のツボがあることは前述しましたが、どこにそれらのツボがありどのツボがどんな病気や症状に効果的なのでしょうか。

それを見出すのは、昔から脈々と受け継がれ蓄積した知識と経験なのです。

西洋医学と東洋医学は病気に対処する場合の考え方が根本的に異なります。

西洋医学は病気を治すことにポイントを置いていますが、東洋医学は病気そのものを治すのももちろんですが病気をする身体を改善することに力を注いできたのです。

最近の考え方として、いかに病気を予防するか、病気に掛からない身体を作るかが重要とされるようになってきています。

この傾向はまさに東洋医学の考え方そのものといえるでしょう。

ツボ押しも東洋医学の考え方が大いに生かされている技術です。

病気になる前に、ツボ押しで病気にならない身体作りから始めてみませんか。

ツボ治療で素敵な生活を過ごす

ツボ治療の考え方

ツボ治療という言葉を聞いたことのある人はたくさんいるかと思います。

ツボ治療は東洋医学のひとつで、その発祥は2000年以上前の中国といわれ、それから現代まで歴史と伝統の中、脈々と受け継がれてきたものです。

人間には自分自身の力で健康状態を取り戻したり病気を治す「自然治癒力」を持ち備えています。

その自然治癒力を高めることによって、病気を未然に防ぐ、つまり「未病」という考え方がツボ治療の基本的な考え方なのです。

ツボ治療のさまざまな効果

ツボというのは、私たちが持つエネルギーの出入りする部分です。

その部分を刺激することで自分の身体をセルフケアするのが、ツボ治療なのです。

ツボ治療は病気の予防から治癒まで、さまざまな症状や状態に対処してくれます。

また、西洋医学では病気という認識のない肩こりや足腰の疲れについても対応が可能です。

ドライアイや花粉症、うつ病などの現代病といわれるような症状にも大きな効果を見せてくれます。

さらには、代謝をアップさせて小顔やバストアップなど女性特有の悩みなどにも有効なのです。

ツボ治療を知ることで、素敵なライフスタイルが築けるに違いありませんよ。